ホンダ

2013.9.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車メーカーでも有名なホンダでも福祉車両を生産しています。タイプは大きく5タイプに分類されており、「車いす仕様車」「サイドリフトアップシート車」「助手席リフトアップシート車」「助手席回転シート車」などがあります。それぞれに、車いすの後部からの搬入や、乗り降りのときの負担を少なくするように配慮したタイプの車両となっており、生活に不便を感じないようにメーカーで工夫して作られていることが特徴です。

 
販売されているタイプとしては、フリード、ステップワゴン、オデッセイ、ライフ、フィットなどのラインナップが用意されており、それぞれ活用の方法が備えられているのが特徴です。手や足が不自由な人のためにも、対応した福祉車両が用意されており、公式ホームページで詳しい設定などが説明されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 
運転補助装置や、全国で試乗に対応している箇所なども詳しく説明されているので、それらの情報についても詳しく確認しておくようにするとよいでしょう。もし、購入を希望する人は、直接問い合わせても対応してくれるので、そのような柔軟な対応ができるようにしておくと、不便なことを減らすことができて非常に便利になるはずです。

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。